IPO企業情報

ナイル(5618)の初値予想とIPO情報まとめ

2023年の99社目となる(株)ナイルのIPO情報です。

ナイルは、を展開する企業です。

■事業内容はIPO向きのIT関連で独自性が高く、初値の上昇も期待できそうです。

■事業内容に目新しさはありませんが、久しぶりのIPOなので注目が集まりそうです。

■〇〇のビジネスモデルは、ここ1〜2年のIPOでも人気のテーマなので、それなりに期待できそうです。

■事業内容はIPO向きではありませんが、業績も順調に伸ばしているのおり、知名度がある企業なので楽しみです。

■事業内容はIPO向きではないですが、業績は順調に伸ばしており、それなりに期待できそうです。

■事業内容から見てもIPO向きではなく、プライム市場(主に大企業が多い)への上場になるため、初値の上昇が苦戦するかもしれません。

■事業内容から見てもIPO向きではなく、初値の上昇が苦戦するかもしれません。

■事業内容はIPOでも人気の〇〇関連ですが、直近の業績が大幅な赤字という点が気になります。

■業績は好調に推移していますが、上場規模が大きく需要面での不安が残るため、初値の上昇が苦戦するかもしれません。

この記事は「ナイル」新規上場申請のための有価証券報告書から引用し、IPO初心者の方でも分かりやすく解説しています。

※初値予想は管理人による独自の予想であり結果を保証するものではありません。申込む際はご自身の判断でお願いします。

ナイルのIPOの基本情報

「ナイル」のホームページ

今回のIPOの基本情報は以下のとおりです。

IPO企業ナイル[5618]
上場日12/20(水)
申込期間12/5(火)〜12/11(月)
公開価格1,615円(想定価格)
企業URLhttps://nyle.co.jp/
取り扱い証券会社SBI証券(主幹事)
SMBC日興証券(主幹事)
マネックス証券
松井証券
岩井コスモ証券など

ナイルの初値予想

C
1倍~1.3倍

初値予想
1,650円〜2,080円

ナイルの初値予想は1,650円〜2,080円とします。

 プラス要因
  IPOで人気のDX関連
  オファリングレシオがやや低い

 マイナス要因
  吸収金額がやや大きい
  売出比率が高い
  業績が赤字
  主要株主にVCが多い
  12月はIPOが多い

詳しくは後述のIPO分析と申込スタンス」に記載しています。

ナイルのIPOの公開価格と初値

今回のIPOの価格と初値は以下のとおりです。

想定価格1,615円
仮条件12/4(月)に決定
公開価格12/12(火)に決定
初値予想1,650円〜2,080円
予想利益+3,000円〜+47,000円

発表された想定価格は1,615円なので、応募資金は16.1万円前後(購入単位100株分)になりそうです。

今後は12/4(月)に仮条件が発表されて、正式な公開価格が決定します。発表され次第こちらで更新します。

ナイルの初値予想は1,650円〜2,080円とします。初値で売った予想利益は+3,000円〜+47,000円です。

ナイルの初値予想アンケート

ナイルの初値予想アンケートにご協力下さい。投票期限は12/19(火)です。

みんなの意見
Loading poll …

ナイルのIPOの当選本数

今回のIPOの当選本数は以下のとおりです。

公募株式350,000株
売出株式970,800株
OA分198,100株
当選株数1,518,900株
当選本数15,189(普通)
※多い:25,000本以上、普通:5,000本〜25,000本、少ない:5,000本以下を目安にしています。

公募株式、売出株式、OA分を合わせた当選株数の合計は1,518,900株です。

購入単位は100株なので当選本数は15,189本と普通の多さです。

ナイルのIPOのスケジュール

IPOのスケジュールは以下のとおりです。

申込期間12/5(火)〜12/11(月)
当選発表12/12(火)
購入期間12/13(水)〜12/18(月)
上場日12/20(水)
※証券会社によって日程が前後したり異なる場合があります。ご自身でも必ずご確認下さい。

申込期間は12/5(火)〜12/11(月)で、当選発表は12/12(火)です。

当選した方の購入期間が9/27(水)〜10/3(火)で、上場日は12/20(水)となります。

ナイルのIPOに応募できる証券会社

今回のIPOを取り扱っている証券会社は以下のとおりです。

主幹事SBI証券
SMBC日興証券
幹事楽天証券
大和証券
マネックス証券
松井証券
岩井コスモ証券
岡三証券
丸三証券
東洋証券
極東証券

主幹事の証券会社は、他の証券会社よりも多くIPO株が割り当てられます。そのため、主幹事から申込みした方が当選しやすいと言えます。

しかし主幹事は応募数も多く、当選倍率が高くなることも考えられます。

そのため、主幹事以外の「入金不要」の証券会社や、平等抽選、口座開設数(ライバル)も少ない「穴場証券会社」の口座を持っておくことが当選確率を上げるコツです!

ナイルの業績情報

ナイルの業績は以下のとおりです。

「ナイル」の有価証券報告書

主要株主のロックアップ情報

今回のIPOの主要株主のロックアップ情報です。

株主名比率ロックアップ
高橋 飛翔(社長)43.13%180日間
JICベンチャー・グロース・ファンド1号投資事業有限責任組合13.83%90日間/1.5倍
(株)SMBC信託銀行6.75%90日間/1.5倍
(株)セプテーニ・ホールディングス4.57%180日間
SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合4.49%90日間/1.5倍
榎並 慶浩3.06%
EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合2.74%90日間/1.5倍
DIMENSION投資事業有限責任組合1.92%90日間/1.5倍
(株)博報堂DYメディアパートナーズ1.92%180日間
(株)アニヴェルセルHOLDINGS1.79%180日間

ナイルのIPO分析と申込スタンス

ナイルのIPO分析

ナイルのIPO分析です。

設立2007年(17年目)
業種情報・通信業
上場市場グロース市場
時価総額137億円
吸収金額24.5億円
オファリングレシオ17.7%
売出比率73.5%
PER
PBR
※想定価格1,615円から時価総額、吸収金額、オファリングレシオ、PER、PBRを算出

ナイルは、インターネットを活用したマーケティング及びDX支援を行う企業です。

売上高は2020年〜2022年から21.2億、26,2億、41.3億と右肩上がりに伸ばしていますが、まだ黒字化には至っていません。

さらに2023年の第3四半期時点でも、売上高が39.6億、経常損失が△5.2億と今期も厳しそうです。

時価総額は137億円、吸収金額が24.5億円とやや規模大きく、売出比率73.5%と需要面に不安が残ります。

以上の点から、評価C(1倍〜1.3倍)と判断します。ただし12月はIPO件数が多く、選別され資金が集まらず、公募割れリスク否めません。

ナイルの申込みスタンス

参考までに私の申込みスタンスは以下の通りにします。

証券会社申込み
SBI証券未定
SMBC日興証券未定
楽天証券未定
大和証券未定
マネックス証券未定
松井証券未定
岩井コスモ証券未定
岡三証券未定
丸三証券未定
東洋証券未定
極東証券未定

おすすめのIPO情報ツールが「株式新聞」です!

株式新聞には初値予想が掲載されるので、IPO初心者の強い味方になってくれます。

  • SBIグループによる金融情報サービス
  • IPOの初値予想が掲載
  • 月額4,400円
  • DMM 株の口座開設で無料 (0円) に!

DMM 株は毎年10件前後のIPO取扱いがあるので、抽選応募にも役立ちます!

詳細はこちら

関連記事